真実の愛に巡り合えたなら結婚指輪を渡そう

納得のいく選択

指輪

大阪の宝石店では、ホームページ上に、婚約指輪についての基礎知識を得ることができる内容を掲載しています。それを見ることで、婚約指輪の概要を知ることが出来、さらには、ページ上で来店予約をすることも可能です。安心して相談をすることができるでしょう。

More Detail

指輪の購入とお返し

ハート

婚約指輪を購入する際に覚えておきたいのが半返しの習慣です。贈った婚約指輪の半額程度の品物を返すもので、時計などが人気です。婚約指輪も半返しも、納得いくようにゆっくり選びたいものです。多くのお店が揃う名古屋はアクセスもよく結婚準備中のカップルに人気の街です。多くの選択肢からゆっくり選ぶことができます。

More Detail

愛着のわく指輪を探す

リング

仙台のお店でスムーズに婚約指輪探しを進めるためにも、各部位の名称は押さえておくようにしましょう。店員さんの説明も理解しやすくなります。できるだけ多くの指輪を見て目を養うことで、長く愛用できるデザインを選択することができます。

More Detail

長く使う指輪選びのコツ

夫婦

費用負担と平均予算

婚約指輪は男性から女性へ贈るもの、つまり男性が購入するのが一般的ですが、結婚指輪の場合はどうでしょう。まず結婚指輪の予算は2人分で概ね20万円程度が多いようです。ダイヤモンドのセッティングが多い婚約指輪と比べ、シンプルなデザインが多いため婚約指輪よりはお値段が下がるケースが多いようです。しかし、大きな金額であることに違いはありません。実際の費用負担は様々で、男性が婚約指輪と一緒に全額負担するケースから結婚式費用を男性が負担する代わりに女性が全額負担まで色々な事例があります。どちらが負担すると決まりがあるものではないので、まずは2人でよく話し合いましょう。結婚指輪をプレゼントと捉えるか、2人の記念品と捉えるかで費用負担の概念は変わってきます。これが普通と決めつけることなく、2人で結論を出すと良いでしょう。

普通の指輪との違い

一般的なファッションリングと結婚指輪の違いは、やはり「結婚していることを示す」という明確な意味があり、ずっと付け続けるということでしょう。衛生上などの問題で付け続けられない事情がある場合など例外はありますが、結婚指輪は原則ずっと付け続けるものです。職業などの理由で指につけられない場合でもネックレスにするなど、工夫して身につける人が多いです。そのため結婚指輪は日常生活の中で邪魔にならず、傷が付きづらいものがオススメです。自分では気づかなくても手はよく使いますから、知らずの内に細かい傷がついてしまうこともしばしばあります。丈夫な素材で、傷が付きにくいデザインですと長く愛用できます。普通のファッションリングよりも長く、ずっと使い続けるものであることが結婚指輪の大きな特徴です。これを頭に入れて指輪選びをするよう心がけましょう。